Epiphytic Bryozoa of Posidonia oceanica leaves and scales
最新バージョン University of Liège によって公開 2019/03/19 University of Liège

Seasonal and depth-related biodiversity of leaf and scale epiphytic Cheilostome Bryozoa of the Neptune grass Posidonia oceanica

GBIF DwC A EML RTF バージョン 権利 これを引用してください。
データ レコード

この sampling event リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、103 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Event (コア)
    103
  • Occurrence 
    1234

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 103 レコード English で (18 kB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (9 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (9 kB)
バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Lepoint G, Michel L (2015): Epiphytic Bryozoa of Posidonia oceanica leaves and scales. v1.2. University of Liège. Dataset/Samplingevent. https://ipt.biodiversity.be/resource?r=ulg_bryozoa&v=1.2

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は University of Liège。 To the extent possible under law, the publisher has waived all rights to these data and has dedicated them to the Public Domain (CC0 1.0). Users may copy, modify, distribute and use the work, including for commercial purposes, without restriction.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: c09eb4a4-0df1-4be5-bda7-d1f7e6063a57が割り当てられています。   Belgian Biodiversity Platform によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているUniversity of Liège が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Samplingevent; epiphytes; biofouling; bryozoan; seagrass; Neptune grass; Nw Mediterranean

連絡先

リソースを作成した人:

Gilles Lepoint
Research Associate F.R.S.-FNRS
University of Liège
BE
http://www.ulg.ac.be/oceanbio
Loïc Michel
researcher
University of Liège
15 allée du 6 août
4000 Liège
BE
http://www.ulg.ac.be/oceanbio

リソースに関する質問に答えることができる人:

Gilles Lepoint
Research Associate F.R.S.-FNRS
University of Liège
15 allée du 6 août
4000 Liège
BE
http://www.ulg.ac.be/oceanbio

メタデータを記載した人:

André Heughebaert
Node Manager
Belgian Biodiversity Platform
Av Louise 231 Louizalaan
B1050 Bruxelles
BE
+3222383796

他に、リソースに関連付けられていた人:

論文著者
Corine Pelaprat
researcher
STARESO (STAtion de REcherches Sous-marines et Océanographiques)
Calvi
FR
地理的範囲

Revellata Bay (Corsica, Mediterranean Sea)(a part of the Gulf of Calvi)

座標(緯度経度) 南 西 [42.58, 8.724], 北 東 [42.58, 8.728]
生物分類学的範囲

Bryozoa, Gymnolaemata, Cheilostomata

Phylum  Bryozoa (moss animals)
Class  Gymnolaemata
Order  Cheilostomata
時間的範囲
開始日 / 終了日 2002-11-01 / 2003-12-31
収集方法

Seagrass shoots were collected in triplicate in November 2002, March, June, September and November 2003 along the same permanent transects set at 7, 10, 15, 20, 25 and 30 m depth. Colonies counted (see above) were reported per meter square, accounting the average P. oceanica shoot density measured at each sampling depth. Shoot density, measured monthly using a quadrate with an area of 0.1 m2 randomly set in the meadow.

Study Extent All sampling and measurements were performed at Revellata Bay (Calvi, Corsica, France), near the marine research centre of STARESO (42°35’N-8°43’E) (University of Liège).
Quality Control Identifications under stereomicroscope (Stemi 2000, Zeiss) were done to the lowest systematic level using keys for Bryozoa (Prenant & Bobin, 1966; Zabala & Maluquer, 1988), and the works of Hayward & McKinney (2002), Gautier (1961) or Balduzzi et al. (1991). All the colonies found on the two sides of leaves were counted. Colony on scales were not counted because dissection of scales (i.e. old leaf petioles remaining on rhizomes after limb abcission) involved colony fragmentation. Each sample is constituted of a single replicate gathering 3 shoots of P. oceanica. For Electra posidoniae, colonies fusion (or apparent fusion) is common. Therefore for this species, as a proxy of the colonies counted, the number of colonies founders (i.e. ancestrulae), which have a distinctive morphology, was counted.

Method step description:

  1. This study involved the monthly assessment of colonization dynamics, biomass seasonality, and diet composition through measurements of stable isotopes, in E. posidoniae at a depth of 10 m in the Revellata Bay (Corsica, Mediterranean Sea).
追加のメタデータ
代替識別子 c09eb4a4-0df1-4be5-bda7-d1f7e6063a57
https://ipt.biodiversity.be/resource?r=ulg_bryozoa